セルポートクリニック横浜の概要

開設の経緯

  • わが国ではこれまで、株式会社が病院・診療所を開設することは、医療法によって認められていませんでした。株式会社バイオマスターはかながわバイオ医療産業特区において、高度美容外科医療を提供する構造改革特別区域法(特区法)に基づいた日本で初めての医療機関「セルポートクリニック横浜」を2006年7月29日に開院いたしました。高度な美容外科医療として認められた、「脂肪由来幹細胞を用いた軟部組織増大術」を提供しております。
  • CELLPORT CLINIC YOKOHAMA
    セルポートクリニック横浜

  • 特区法は、所要の要件を満たせば株式会社が「高度な医療を提供する病院・診療所を開設すること」を認めました。株式会社の資金調達能力及び研究開発意欲の活用が、高度な医療の開発・普及の促進の観点から適切かつ有効であるかを検証する趣旨です。かながわバイオ医療産業特区は、2005年5月に神奈川県が内閣府に対して申請を行い、同7月に承認を受けて、誕生しました。

高度美容外科医療

  • セルポートクリニック横浜では、特区法第18条に基づいた高度な美容外科医療を提供しております。

  • CPSUCell Processing and Surgical Unit
    Cell Processing and Surgical Unit
    無菌細胞処理室
    無菌細胞処理室
  • 具体的には、脂肪組織に含まれる幹細胞等の細胞群を利用した新しい脂肪組織移植(Cell-Assisted Lipotransfer:CAL)を行い、身体の様々な部位をボリュームアップする医療です。当クリニックは、わが国で初めてセルプロセッシングセンターと手術室を一体化した設備(Cell Processing and Surgical Unit: CPSU)を設置しました。脂肪組織からの幹細胞群の採取は、CPSU内の無菌手術室に隣接した無菌細胞処理室において行われます。この作業は脂肪組織の採取・移植の手術中に行われ、採取された新鮮細胞群は手術室に戻されて脂肪組織とともに速やかに目的部位に移植されます。

ページの先頭へ